女性がスピード証明写真機器で若く見えるように撮るコツとは

写真が出来るまでの数秒が妙にドキドキするんだよ

女性だったらやっぱり証明写真のようなスピード写真の写りも気になりますよね。

 

特に自動車の運転免許証の写真は様々な際に身分証明として使用することも多くなりますし長い間写真が残るものとなってしまいますので特に写りには気にかけたいですよね。

 

最悪な写りで写真に写ってしまったら非常にショックです。そんな証明写真において写真写りを良くする方法を紹介したいと思います。

 

 

やっぱり少しでも若く見えるように写りたいと誰もが思います。カバーするポイントとしては美肌に見えるようにしたり、
また目を大きく見せたり、そして二重あごだったりするたるみは隠して髪の毛や襟なども乱れていないようにする必要があります。

 

笑顔の見せ方も重要ですね。証明写真ではさすがに歯を出して笑ったりしてはいけませんが・・

 

膝に白いハンカチを乗せることでお肌を白く、そして美肌に見せることができる裏技があります。劇的な変化というのはそこまで見込めないかも知れませんが、やるとのやらないとではやはり印象が変わってきます。

 

膝だと下過ぎるといった場合は、写真に写らないくらいの位置で手で白いハンカチを持つという手もありますね。

 

 

またもう一つの効果として光を反射してくれるので小じわなども目立たないようにしてくれます。

 

若い方ですとそこまでの悩みではないと思いますが、これは結構効果が見込めますので是非やってみてください。

 

また二重あごなどのたるみを隠すのであれば背筋を伸ばして顎を軽く引くようにしましょう。その際に引きすぎてしまうと二重あごになってしまうので、引きすぎないように注意してくださいね。

 

 

写真うつりを良くするメイクの方法

 

写真写りに関して、メイクの方法によって写真写りがよくなるものなんですね。

 

メイクの方法変えるだけで写真写りがきれいになったり可愛くなったりするのです。

 

スピード証明写真は最近は何度も撮り直せはしますけど、メイクが上手くいってない状態では何度撮っても納得のいく写真が撮れないってことも考えられます。
ここは自宅でバチッと決めて、写真機器と勝負したいところです^^

 

 

まずベースメイクであるファンデーションなんですが、ファンデーションはお肌をすべて均一に塗るのではなくハイライトやシェーディングなどを使用してお顔にメリハリをつけるのがおすすめです。

 

均一に塗っている状態ではのっぺりとした印象になってしまいますが、メリハリをつけることによってお顔が立体的になりますし印象がすごく変わります。

 

またカメラでフラッシュをたくことによって眉が飛んでしまいがちですが、眉の上部分のアウトラインをしっかりと描くことによって眉も綺麗な形で残ります。
それからアイラインやチーク、口紅などのメイクは通常よりもやや濃いめにして丁寧にすることではっきりとした印象になり、カメラ写りがよくなります。

 

このようなメイクの仕方で写真写りは変わってきますね。是非お試しを^^

 

 

 

写真うつりが悪い原因に、正面からぶつかってみた結果>>