カメラの種類によって写真うつりの差は生まれるものなのか?

スマホやデジカメのカメラは優秀だけど、やっぱ違いってあるの?

綺麗に写真に写る、写真写りをよくするためには写真を撮るためのカメラの種類も重要となってくるのです。

 

 

違いはカメラのメーカーなどによってもあるのですが結局は好みの問題でもあるというところもあります。
柔らかい写り方であったりはっきりくっきりした写り方であるといったような違いが出てくるのですが、どれがいいかは好みになりますね。

 

でも好みと言ってしまうと元も子もなく話が終わってしますね・・・

 

 

最近では設定などによって写り方などを変えることもできるようになっています。ですからうまく設定をすることで綺麗にお気に入りの写真を撮ることができるものなんですね。これはスマホでも同じ話です。各メーカー機種により画素数や写り方の柔らかさなどが違います。

 

でも数機種試すというのはできないので、賢い方法は他機種うを使っている友達と自分で、同じ距離から同じ被写体を撮ってみることで、その違いがわかります。

 

もしかしたら、あなたのお持ちのカメラで納得いく写真が撮れていないのかもしれません。

 

だからと言って、すぐにカメラを買い換えたり、スマホであれば機種変更などをする必要はありません。
宝の持ち腐れ状態になっていることが多いからです。

 

そんなときは、まずは今どのような設定になっているのか確認し、変更可能なところはいろいろ変更し撮影しまくるという方法があります。
設定がデフォルトのままお使いのようでしたら、結構な発見があるはずです。

 

たくさん撮っても削除はすぐできますし、容量も食いません。何度か撮っていくごとにコツが掴めてくるでしょう。

 

 

そうやって写真を撮る際にいかに自分を可愛く、またきれいに撮ることができるのかということを楽しく研究するのも研究する楽しいですよ。例えばカメラを撮る際の写り方の角度や、また膝の上に白いハンカチやタオルなどを乗せることによって光の反射でお肌をより白く見せることができたりもするんですね。ちょっとしたことでも劇的変化をしてくれるのも写真の魅力ですよね。

 

 

 

写真うつりが悪い原因に、正面からぶつかってみた結果>>