引きつったような顔ではなく、自然な笑顔を作るコツとは

つくり笑顔が史上最低にヘタクソだと自負しています

写真を撮ろうとしたときに笑顔を無理に作らなければ、と無理に自然な笑顔を作ろうとして逆に不自然な笑顔になってしまうなんてことはありますよね。

 

 

笑顔が不自然でひきつってしまっているような状態になってしまうという方も多いかと思うんですね。

 

 


ああ、子どもはなんて素直な笑顔なんでしょう・・・

 

ではひきつった不自然な笑顔になってしまうような原因ってなんなのでしょうか。

 

それは自然な笑顔を作ることができない原因として口元や頬や目元などの筋肉であるスマイル筋と呼ばれる筋肉が固まってしまってうまく動かせなくなってしまうことが原因として考えられます。

 

ですからそういった箇所の筋肉を鍛えるように普段から、目や口を大きく開けたり閉じたりする顔のストレッチを行っておくと筋肉が鍛えられてほぐすことができます。

 

そうすることによって口角もあがりやすくなりますし、徐々に表情豊かになるでしょう。

 

 

それから普段から鏡の前で練習しておくのもよいですね。

 

 

そして写真を撮るときには無理に笑顔を作ってしまうとより引きつった笑顔になってしまうので、自然な笑顔を作れるようにまずはあごを引いて口角を上げるようにしましょう。

 

 

 

写真うつりが悪い原因に、正面からぶつかってみた結果>>