服の色は写真うつりに影響はあるのでしょうか?

どんな色の服を着て写真を撮れば映える?

証明写真を撮ったりするときなど、どうしても写真写りがよくならない、そんなお悩みもあることかと思います。
せっかくなのであればやっぱり少しでも写真写りがよくなりたいものですよね。

 

 

写真写りを良くする方法には色々な方法がありますが、服装も実は写真写りに対して影響があったんですね。

 

では写真を撮るときにはどういった服装をすればよいものなのでしょうか。

 

 

まずボーダー系の服やだぼっとしたシルエットの服をきて写ると写真写りでも太って見えてしまう原因となってしまうんですね。
またニット素材のような厚手の服装もそう見えてしまったりもします。

 

また引き締まって見える、痩せて見えるようなカラーで黒などのダークトーンの服装を選ぶ方もいらっしゃいますが、実はこれって背景にもよるんです。

 

運転免許証の証明写真では背景が青色や水色ですので顔色が沈んで見えてしまうような逆効果につながってしまいます。

 

またはっきりした濃い色の服装も顔に色が写りこんでしまったりするので避けましょう。白やベージュのカラーだと顔色が明るくなるのでお勧めです。

 

 

 

写真うつりが悪い原因に、正面からぶつかってみた結果>>